葬儀における服装のあれこれ

葬儀に適した服装は喪服(学生であれば制服)ですが、細かなマナー、ルールは徐々に緩和されてきました。洋装が増えているのもその流れを受けての現象でしょう。葬儀業者としては、あまり厳格にマナーを適用するのはお勧めしません。例えば少し派手でも故人が好んでいた服装であれば、常識の範囲で許されると考えます。葬儀の主役は故人であり、その故人を喜ばせるための服装であれば、問題ないと考えるからです。但し余りにも非常識な服装は避けなければなりません。例えば殺生をイメージさせる服装、扇情的な服装、毛皮のコート等は常識を逸脱していると言えます。派手なバッグや靴も葬儀の場には適しません。時々結婚式で使ったアイテムを葬儀に回す人がいますが、できることなら慶事と弔事を分けるくらいの気持ちがあったほうがトラブルを避けやすいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です