自家用車の弊害

「葬儀の斎場には公共交通機関を」といったお願いが喪主から発せられることがありますが、これは葬儀業者の指導によるものです。葬儀業者は長年の経験から、斎場の規模に比してどれくらいの参列者が足を運ぶのかを推測します。その結果、斎場周囲が混み合うと判断し、自家用車の自粛を促すことがあるのです。自家用車が度々問題になるのは、駐車場の不足の場面です。斎場には基本的に駐車場が設けられていますが、故人の友人が多く参列した場合は、専用駐車場だけではカバーしきれません。特に火葬場は時間帯によってはすぐに埋まりますから、自家用車を違法に駐車する人が現れます。そうなると霊柩車の行き来も難しくなり、結果的に火葬が遅れることになりかねないのです。火葬場はそうした事情もあって、時間を厳守するのが通例です。他人の火葬に迷惑を掛けないように細かくスケジュールが設定されています。そのスケジュールを破るようなことがあれば、大きな問題に発展します。喪主と親族はもちろんのこと、参列者もなるべく自家用車を使わないように心掛けたいものです。自家用車を控えるとなると、公共交通機関を使うしかありませんが、葬儀業者が用意してくれればマイクロバスを利用することも出来ます。マイクロバスを利用すればスムーズに出棺、火葬のスケジュールが進むため、誰も損をしません。ところで参列者が告別式の斎場から火葬場に行くべきかどうかという根本的な問題がありますが、迷うくらいなら控えた方が良いかもしれません。本来火葬場に足を運ぶのは親族のみです。例外として許されるのは大親友のみで、彼らも事前に喪主から許可を取っているはずです。また一度火葬場に向かうと伝えたら、予定を変更しないように注意しましょう。喪主の気分を害することになるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です