改葬時に必要な書類

改葬が大変面倒であると言われる所以は、書類の準備にあります。新墓地と旧墓地、それぞれの管理会社と連絡を取らなければなりませんし、自治体にも報告する必要があります。新墓地の管理会社にお願いするのは、永代使用許可証の発行です。この許可証は墓地によって、或いは墓地の利用方法によって呼称が変わります。よく見られるのは使用許可証、受入証明書等です。そして旧墓地の管理会社には改葬許可申請書を提出します。基本的には署名するだけで埋蔵証明書を発行してくれます。この埋蔵証明書を自治体に提出すれば、改葬許可証が発行されます。もちろん自治体によっては他の書類の提出を求めることもありますから、事前に勉強しておくとよいでしょう。改葬許可証が何故必要になるかと言えば、遺骨の取り出しの際に提出しなければならないからです。また新墓地でその遺骨を埋葬する際にも求められることがあります。改葬時にこれらの煩雑な手続きが必要になるのは、法律がそのように定めているからです。手続きの骨子は昔からあまり変わっていませんが、最近は書類のフォームをインターネットでダウンロードできるケースも増えており、以前よりも楽に手続きを踏むことが出来るようになりました。特に自治体に提出する書類関係は、必ずと言っていいほどホームページに設けられているため、是非確認してください。書類に書き入れる内容はそれほど難しいものではなく、氏名、住所、本籍等がほとんどです。書類によっては改葬理由を記入しなければなりませんが、これも事前に考えておけばすぐに作成できるはずです。因みに改葬許可証は遺骨ごとに作成する必要があるので注意して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です