開眼法要、閉眼法要の実際

墓地が寺院墓地である場合、慣習として開眼法要、閉眼法要を執り行うことになります。開眼法要は入魂式と呼ばれることもありますが、同じものと考えて差し支えありません。法要は法的に義務付けられているわけでもありませんから、基本的には継承者の任意で行われるものです。従って信仰心の薄い継承者は法要を行わないこともありますし、民間霊園等では無理に勧めていません。ただ継承者の多くは故人の親族であることから、改葬後に法要を行えばよかったと後悔することも少なくありません。それは信仰心に関わらず、誰にでも起こり得る心理なのです。決心の付かない人は、是非管理会社に相談して下さい。寺院墓地であれば、僧侶に相談するのもよいでしょう。公営墓地の場合は身近に相談できる管理者がいないこともありますから、自ら適当な宗派を探して法要の意義を問うてみるのも選択肢です。筆者は法要について指図するつもりはありません。というのも、法要を行いながら改葬後に供養を怠る人もいれば、法要の有無に関わらず供養に精を出す人もいるからです。最終的には継承者の判断に委ねられるべきだと考えます。また経済的に余裕が無ければ、法要のために支払う費用を更地化に充てることも大切です。何故なら、旧墓地を返す時は、必ず原状復帰が課せられるからです。この原状復帰工事は管理会社が手配してくれることも多く、事前に相場を知ることが出来ます。高額になることもありますから、管理会社に相談しましょう。因みに改葬時に永代使用料が返金されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です