変死について

葬儀に移る直前、故人が入院中であるとは限りません。自宅で亡くなることもあるでしょうし、事故で突然死亡することもあります。医者の診断を仰がないまま亡くなることを「変死」と呼びますが、変死はあくまでも法律用語であり、不自然な死に方を意味するものではありません。従って自宅で亡くなることも事故死も変死に該当します。要は死因の特定がないまま亡くなる事象が変死ですから、事後に医師が改めて診断すれば問題ありません。葬儀業者は変死の案件も数多く請け負っています。ただ筆者としては、あまり変死という言葉を好きになれません。もちろん法律用語であるとは理解しているのですが、故人の尊厳が失われるような気がするのです。皆さんも葬儀業者に「変死」と言われれば気を悪くされるかもしれませんが、こうした事情をお汲み取り下さい。さて、変死は突然訪れますから、届出から葬儀業者への連絡に至るまで、病院での死に比べて戸惑うことも多いでしょう。しかし基本的な段取りは同じです。まずは通常の死亡診断にあたる死体検案が必要になります。死体検案について詳しく知りたい方は葬儀業者に相談して下さい。どのような手続きで行えるのかを教えてもらえることでしょう。簡単にご説明すると、自治体ごとに死亡診断書が用意されており、その用紙の一部が死亡届になっています。ですから医師に診断書を作成してもらうと同時に、死亡届を役所に提出できる手筈になっています。この時、死亡日時、氏名等を正確に記入しなければなりません。死亡届を無事に役所に提出した後は、いよいよ葬儀の準備に取り掛かります。役所からは火葬許可書が発行されますから、この許可書を葬儀業者に提出することになります。但し多くの葬儀業者はこの一連の手続きを代行していますから、事前の相談時に依頼できるか確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です