お墓参りと墓の管理

お墓を購入するという行為は、土地の購入を意味しません。従って墓地の一部をレンタルしているに過ぎず、管理費を支払わなかったり、お墓参りが途絶えたりすると、その墓がどのように処分されるのかは気になるところです。結論から申し上げますと、年間管理料さえ支払えば、お墓参りが途絶えても管理会社がきちんと管理してくれます。ただ継承者の希望通りに管理してくれるとは限りませんから、継承者自ら管理したい場合は、やはりお墓参りに精を出す他ありません。遠方でそれが難しい場合は、改葬という方法が残されています。お墓を自宅近くに移すことで、彼岸や命日に墓石の前に立つことが出来るはずです。因みに管理料を支払わず、お墓参りも途絶えた場合、そのお墓は無縁墓となります。さて、継承者は管理してもらう立場から、運営会社との付き合いは避けられないわけですが、同時に寺院との繋がりも断ち切るわけにはいきません。特に檀家になった場合、独特の付き合いが発生します。最近は親が檀家で自宅に僧侶を呼んでいた光景を覚えているだけで、その実際を知らない人が増えていると言われます。特に若い人は檀家としてどのように振舞えばよいのか分からず、結果的にお墓を放置するケースが後を絶ちません。お墓を荒らしたくないのであれば、まずは檀家として種々の行事に参加することが大切です。もちろんそのような付き合いは強制されるべきではありませんが、行事に参加することで同じ檀家の方のアドバイスを聞くことが出来ます。寺院はそもそも故人を供養することだけが仕事なのではなく、仏教を教え広めることも大切な業務です。その教えに少しでも共感するところがあれば、檀家として色々な事を学ぼうとする意欲が湧いてくるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です