公営墓地

公営墓地は、使用量や管理費などが安いということも手伝ってか、人気が非常に高いようです。一般的に公営墓地というものは、国や都道府県や市町村などといった地方自治体が管理を続けているものであり、安心して利用できるということもその人気の要因かもしれません。なかでもありがたいのが、日本人の多くが「無宗教である」ということを考慮してか、宗教不問という形で利用することができるのもメリットでしょう。ただ、誰でも利用できるというものではなく、それぞれの自治体によって定められた資格を満たしていなければ利用することができないようです。募集形態も 公募が多く、なかなか空きも出ないため、常にアンテナを張り巡らせておく必要があるでしょう。一般的には1年に1回程度の募集があると言われており、定期的に地方自治体などのホームページをチェックしておくことが重要でしょう。最近では、インターネットなどでこのような告知を行うことも多いため、こまめにチェックすることがお勧めでしょう。民営の墓地よりも条件が厳しい場合が多く、応募資格なども限られているケースが多いので、あらかじめ条件を満たすために働きかけるということも大切でしょう。地方自治体によっては、競争率が高いという場合もあり、希望する墓地を確保できないこともあるため、対応策も考えておくべきと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です