お墓を巡る問題

お墓というものは、誰の許可も必要なく、簡単に立てられるものではありません。地方自治体をはじめ、様々な手続きや許可が必要ということは、あまり知られていないのかもしれません。お金だけがかかるというものでないのが「お墓」でしょう。一般的なお墓のルーツというものをたどっていくと、それは江戸時代まで遡ることになるようです。お墓の歴史などを知っていても自分には関係ないと思っている人は少なくないでしょうが、今後、自身のお墓を建てる、また、家族のお墓を建てる、更には代々のお墓を管理していくという人にとっても必要な知識となるかもしれません。そもそもお墓というものは一般庶民のものとして確立されたわけではなく、天皇などのように、身分が高い人のために特別に作られたものが始まりのようです。昔は、このような形式で「祀る」という形式がとられることが興りと言えるでしょう。それが江戸時代に入って、一般庶民のお墓というものが作られるようになったようです。しかしまだその当時は立派な墓石を建てるという形式のものではなく、土を多く持った上に木の棒などを立てて目印としただけのものであったようです。これが庶民のお墓の始まりであると言えるでしょう。それが、木の棒から石へ変わり、石碑へと進化し、墓石という形式をとるようになったと言われているようです。このように、生きていた人の証を残しておくという考え方から、お墓が広まっていったと言えるのではないでしょうか。そうして現代では、埋葬などに関する法律もしっかりと取り決められ、それを厳粛に守ることで、お墓の管理がされていると言えるでしょう。死者を「祀る」という観点から考えると、どこでもいいから埋葬するというものではなく、きちんと地方で管理されている場所に許可を取り、きちんとお墓を建てるべきといえるでしょう。