埋葬方法とライフスタイル

これまでは故人の遺骨の埋葬方法として、専ら永代供養墓が採られてきました。墓地を借りて立派な墓石を建て、半永久的にそれを親族間で継承していくものです。しかしお墓のこうしたあり方は、最近「当たり前」のものではなくなりつつあります。その典型例が納骨堂です。納骨堂は寺院や民間、公営が主体となって運営されているもので、その点は永代供養墓と同じです。

しかし墓地も墓石も持たず、遺骨を安置するスペースを借りる方式が異なる点として挙げられます。納骨堂の多くは檀家付き合いもありませんから、精神的に楽であるのも支持されている理由です。最新の納骨堂は仏壇式、ロッカー式、自動搬送式といった方式の中から自由に選べるようになっています。

納骨堂以外にも埋葬方法は存在します。樹木葬もその一つでしょう。墓石の代わりに樹木が用いられるため、簡素な造りになっているのが特徴です。耐久性は一般的なお墓に比べて劣りますが、コストを抑えられるのが何よりの魅力です。合葬もあれば個別区画式もありますから、目的に合わせて選択することが出来ます。

樹木葬よりもコストを抑えられるのが散骨、手元供養でしょう。散骨の多くは海洋散骨方式が採られており、海上で撒くことになります。但し自治体によっては様々ま規制がありますから、条例をよく踏まえた上で行いましょう。手元供養は最後の手段として、またコストが最も掛からない方法として身近な供養になりつつあります。遺骨を骨壺に入れた状態で安置するだけですから、誰でも簡単に行えます。法的に規制があるのは安置ではなく埋葬ですから、正に自宅で安置する分には何の問題もありません。

手元供養の亜流としては、遺骨をアクセサリーとして身に付けるものがあります。個人に対する愛着が強い人は、遺骨を加工して常に身に付けようとするわけです。

知りたいけど聞けないお墓のはなし TOPへ