お墓の認可

現代では、広い山や庭などのように有り余るほどの土地をもっていたとしても、自身の所有している土地にお墓を建てるという行為は禁止されているようです。お墓を建てる場合には、各自治体の許可が必要であり、認められた場所でなければ、遺体や遺骨を埋葬することはできないことになっているようです。それはそれは昔といえる時代では、 個人の邸宅や敷地内にお墓が存在するということはよくあったようですが、残念ながら現在では不可能と言え、知らずに埋葬してしまったとしても、法律違反として罰せられると言えるでしょう。もちろんこれは、遺骨や遺体を埋葬する場合の話であり、精神的な埋葬のみの場合には自由にお墓のようなものを設置することは可能と言えるでしょう。つまり、埋葬しない限りは、手元供養として自分自身の家の中に骨壷を置いておくということは可能であり、納骨堂などに預けておくということも可能と言えるでしょう。墓地というのは「遺骨を預ける」ことが大前提で経営が発展してきたと言え、墓地に関する法律が厳しくなればなるほど、その多様化が見られる場所といえるかもしれません。墓地には様々な種類があり、その経営形態は、大きく二分できると言われています。一つは国や地方自治体が運営している公営の墓地でしょう。こういった墓地は、比較的安く入ることが出来るため人気があり、早めに対策を打っておくという人が多いようです。今後のためを考えている場合は、一度早い時期に訪れて雰囲気を確かめておくことも良いでしょう。もう一つは、民営企業や会社などによって経営されている墓地でしょう。こちらは公営に比べ値段が高い場合がほとんどですが、民間ならではの親しみやすさやアイディアが売りであり、公園墓地なども工夫されているところが多いようです。