墓地の多様化

墓地が多様化しているということも、現在の特徴であるという風に言えるかもしれません。お寺などに隣接している形式の墓地もあれば、最近では、東京都などの郊外に広大な敷地を持った「公園」としての機能を果たしている「公園墓地」と呼ばれるものが存在しており、人々が気軽にお墓参りをしたり、遊びに行ったりすることができるようになっているということは、大きなメリットとして考えられるかもしれません。公園ではないとしても、遊歩道や休憩スペースなどが完備されているところもあり、高齢の方や障害のある方にとっても「訪れやすい」といったところに重点がおかれているお墓が多くなっているという点は、バリアフリーの視点から見ても素晴らしいものであると考えられるかもしれません。このような現代的なお墓のスタイルはますます注目を集めているようで、テレビやインターネットのメディアなどでも取り上げられることが多くなってきたように感じます。とりわけ東京都などでは、お墓の数が絶対的に不足しているため、このように、誰もが理想とするようなお墓というのは、競争率が非常に高いため、自分自身が生きているうちに予約をしておきたいと考える人がすくなくないのではないでしょうか。また、最近では宗教の垣根を越えてお墓を建てるという人も多くなってきており、芝生の下に直接遺骨を入れ、その上にプレートを付けるというような形で埋葬する欧米型のお墓なども登場してきており、多様化している現状を反映していることは間違いないと言えるでしょう。このような墓地は、欧米のスタイルを好んでいる人にも、大変な人気があり、西洋風のスタイルに憧れる人にとっても、お墓について考えを改めたいと思っている人にとっても選択肢の幅が広がって良いのではないでしょうか。しかし、やはり日本のお墓で未だに一番人気と言われているのは、従来のように外に柵を作るスタイルと言われています。これは、公園墓地においても例外ではなく、最もメジャーであると言えるでしょう。